上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月からはじめた、横浜でのI先生のプライベートレッスン、
昨日で最終回でした。
初回の模様はこちら→初回レッスン

週一回ペースで、4か月通いました。
このプライベートレッスンは、
I先生がマシーンのピラティスの講師の資格を取得するための修行の一環で、
めでたく今月で修業が終わったので、
昨日で、私のレッスンは終わり。
今だから言っちゃうけど、スタジオレンタル料のみで、
無料でレッスンしてくれてたんだよ。
ありがたや、ありがたや・・・・

最初の頃は、ピラティスの感覚がまったくつかめず、
なんのこっちゃ、なんのこっちゃ・・・だった。
先にI先生のレッスンを始めていたバレエ師匠M先生に、

「コアの意識なんてわからないよね~。」
と言ってみると、
「わかるよ。」っとそっけなく返ってきて、自分にがっかり。

「胸式呼吸で、肋骨は動かないよね~。」
と言ってみると、
「動くよ。」っとそっけなく返ってきて、自分にがっかり。

己のコア力のなさにがっかり×100。

せっかく、はじめたのに、毎回なんのこっちゃではもったいない。
っと、鎌倉のピラティススタジオスタジオSUGATAにも通いだしちゃって、
(ここでI先生はグループレッスンを教えています。)
気が付いたら、ピラティス、ヨガ三昧の日々が始まってしまった。

その甲斐あって、なんとなく、コアとは何か?っていう感覚だけはわかってきた。
わかってきたからと言って、痩せてきたわけではないが、
バレエのレッスンは、極めて調子がいい。
しかし、残念なことに、
私が調子がいいことに、誰一人気が付いてくれず、
「最近、上手になったね。」と言われたことは、皆無である。
ちぇっ。
でもさ、体が楽に動くということは、怪我する確率が減るということだからね。
これは大きいよ。

I先生には、私も過去何回かバレエも教えていただいたことがあるが、
もともとは娘のバレエの先生なんだよ。
だから、ピラティス習い始めた頃、
「娘のお世話になった先生だから。」って思って緊張してた。
たぶん、I先生のほうも、
「元生徒の親御さんだから。」って、気を使ってたと思う。

しかし、密度の濃い二人きりの時間(?)を共有するうちに、
すっかり仲良し。
「Yさん(私)がこんなに面白い人だとは知らなかった・・」
って言われちゃった。
そして、酒を飲みに行く約束までしゃちゃいました。

こちらがお世話になったのに、
「協力してくれてありがとうございました。」とお菓子まで頂いちゃうし。

ほんとに楽しい4か月でした。

ピラティスは難しいから、私には無理と思っていたけれど、
Ⅰ先生によって始めるきっかけを与えて頂いて、ひたすら感謝です。
85歳まで、ピラティス続けます。

昨年11月クリックに引き続き、またまた行ってきました、日帰りバス旅行。

前回は、バレエ師匠M先生、ミカミカ、私の3熟女でしたが、
熟女というものは、ほっとくと勝手に増殖するようで、
新たに4熟女が加わり、総勢7人の熟れたバレリーナの参戦です。

向かうは初春の房総。
お天気もよく最高のバスツアー日和。

朝、7時集合にもかかわらず、朝から全員テンション高し。
おやつと酒を大量購入でバスに乗り込みました。
熟女はおやつが大好き。

今回の旅の工程は、

海ほたる→お土産屋→酒蔵→お土産屋→海鮮焼き食べ放題→お土産屋
→イチゴ狩り→お土産屋→花摘み→お土産屋

・・・というツアー会社の思うつぼツアーであったが、
まあ、なんだってどこだって楽しめるからね、熟女は。

海ほたるから見える海

P3160029_convert_20120317082605.jpg
アップして気が付いたが、
全然、素敵な写真じゃなかった。
おかしいな、肉眼で見た時は、トイレから見える海が、
とっても綺麗だったのに・・・・

こんなところでは、
P3160032_convert_20120317082716.jpg

P3160030_convert_20120317082639.jpg
こんな素晴らしいことが繰り広げられてました。
酒瓶が何十本も並んで、飲み放題よ~~~。美味しかったわ~。
熟女は飲み放題が大好き。

こんな眺めが良いところで
P3160033_convert_20120317082750.jpg

P3160034_convert_20120317082821.jpg
こんなことをしてみました。海鮮食べ放題。
熟女は食べ放題が大好き。

いちご狩り
P3160037_convert_20120317082935.jpg
ちょっと若い熟女達と中堅熟女の私。

P3160036_convert_20120317082904.jpg
一番ベテラン熟女のYさん。
いつもどんな時でも、リーダーシップを発揮してくれるから、
この方と一緒にいると、熟女も子供に戻ります。

P3160038_convert_20120317083008.jpg
M先生と私。しかしさ~、M先生、がりがりなのに、よく食うわ。
M先生の座右の銘は、「暴飲暴食」・・・なんのこっちゃ。

あと、2人、ミカミカとY子さんがいたのに、写真撮り忘れちゃった。ごめん。

海鮮食べ放題したばかりなのに、イチゴも食べ続けられる強靭な胃袋の熟女7。
すごいですね。
熟女は別腹が大好き。

御花摘み
P3160039_convert_20120317083041.jpg
お花畑っていうから、広大な敷地を想像してたが、
わりとしょぼかったです。


前回は、バスの中、私達以外は皆大人しくて、
大騒ぎの私達は、すっかり嫌われ者になっていましたが、
今回は、他のお客さん達も、適度に騒々しく、
そして、皆さんとてもフレンドリーで、楽しい旅行でした。

私は、バスの運転手さんが大好きで、
見事なドライビングテクニックを見るたびに、
ついつい拍手をしてしまうのだが、
前回は、私が拍手をするたびに、嫌な顔されちゃったけどさ、
今回は、皆様、私に賛同してくださって、
バスの中、一丸となって、運転手さんに拍手喝采。
お名前も存じ上げない皆様ですが、お付き合いありがとうござました。

お土産屋さんばかり寄るツアーだったので、
帰りの荷物は行きの4倍。
すっかりツアー会社の陰謀に乗って、
野菜、魚、お菓子、その他くだらないもの、
買いまくってしまった一日でした。

なんだかんだ言っても、
熟女は買い物が一番大好きね。

月日が経っても、決して忘れることができない、
人生最大の恐怖の日、2011、3,11から、
早くも1年経ってしまったんですね。
どんなに大きな悲しみがあっても、年月は人の気持ちを残したまま、
勝手に過ぎていくんだな・・・無情ですね。

あの日、娘はたまたま家にいて、
受験終わりの春休みで、毎日遊びまくってたけど、
ほんとにたまたま、その日だけ、家にいたの。
横浜に遊びに行った子は、朝まで寒い中、駅で避難してたらしい。
もし、娘も一緒に行ってたら・・・って思うとぞっとします。
携帯もつながらないから居場所もわからないし、
信号も止まってたから、車で迎えにも行けなかったろうしね。

夫はどこに行っちゃったわからなくて、
最悪のことを考えて、これからどうしようって思ってた。
結局、朝までかけて歩いて帰ってきたけど。

停電しちゃったから、情報が入ってこなくて、
テレビがついた時、あまりに惨状に絶句しました。

次の日から毎日毎日、テレビからながれる恐ろしい光景。
泣き叫ぶ人々の姿・・・
そればかり見ていたら、動悸が止まらなくなっちゃって、
テレビすら見れなくなっちゃった。
スーパーから物がなくなって、
街中は集団ヒステリー状態。
「私はああはならないぞ。」ってかっこつけて、買いだめしなかったら、
我が家からコメがなくなった・・・・

バレエ教室もレッスンできる状態じゃなく
無期限のレッスン休止。
毎日、いつ停電になるか不安だし・・・
宮城に住む友人二人は、消息がわからず、
人探しの掲示板に書き込んだり、
mixiで呼びかけたり・・・
(お二人とも無事でした。)

あの漠然でも、人生で味わったことのない不安な日々から、
あっと言う間の一年です。

私はいまだにあの日々を思い出すと、
胸の中に苦い物が込み上げてくるけれど、
娘なんて、「停電の時は、キャンプみたいだったね~。」
ってのんきなこと言ってる。
原発の問題は何も解決してないけれど、
誰かを亡くしたわけではない私達は、
あの日の出来事は、少しずつ風化して行っちゃうのかな?
瓦礫は山積みだし、取り残された動物たちもたくさんいるし
福島原発内では、
命を危険にさらして働いている人たちがたくさんいるのにね。

自然災害は、誰かが悪いわけではなく、
悪い奴をののしることも、仕返しすることもできない。
大切な人を奪われ、家や財産を奪われた人達の気持ちは、
どこに持って行ったらいいんだろうね。
どうか、被災地の方々が安らかな気持ちになる日が
一日も早く訪れますように・・・

天に召されたたくさんの命が安らかに眠りにつけますように・・・
2012.03.07 なぜなのだ?
今日、娘と会話をしていて、
自分自身のことで、「?」って思ったことがあった。

うちの、娘は、同性受けがいい子である。
友達と喧嘩もしないし、
誰にでも感じがいいので、同性の先輩にも可愛がられる。

私「Eちゃんのそういうところは、ほんとにいいと思うわ。」
娘「そういうところはママに似たのかな~。」
母娘褒め殺し大会が始まった。

娘「だってさ、ママも誰とでも感じよく付き合えるじゃん。(パパは除く)
  誰かにムカついても、笑いに変えちゃうし、
  嫌なことあってもケロッとしてるじゃん。(パパは除く)」

・・・っとここまで褒められてふと気が付いた。
いつからこんな私になったのだろう?
だってさ、若い時の私、尖ったナイフ(かっこいい?)だったぞ。
人の好き嫌いも激しかったし、自分の価値観と違うものは、
絶対受け入れないし、喧嘩なんて日常茶飯事だったぞ。
あまりに気が強くて、親も心配してたぞ。
う~む・・・いつからだ?
いつから、こんなに24時間へらへらしている私になったのだ?
(夫と二人でいる時はのぞく)
たぶん、10年以上はへらへらしてるぞ。
「三つ子の魂100まで。」っていうのはウソなのか?


原因を考えてみた。

1.結婚生活に疲れ果てて、怒る気力がなくなった。

2.体が丸くなったのにつられて、性格が丸くなった。

3.玄関に風水の石を置いているので、美しい心になった。

4.家に座敷童が住みついた。

5.森山未來に恋をしているから。

6.毎日、太郎がろくでもないことをしまくるので、
 人間がやることなんて、たいしたことないって達観してしまった。


・・・・がお答えのようですな。
尖ったナイフを、スポーツチャンバラの剣(懐かしい!)ほど
摩耗させてしまう太郎の威力・・・最強です。


太郎
「俺の知ったこっちゃねぇけどね。」
2012.02.24 TeZukA
L063843_convert_20120224095352.jpg





手塚治虫をモチーフにした舞台ってどうよ?
微妙・・・
ヨーロッパ人が、日本のサブカルチャーに興味あるってどうよ?
微妙・・・
最初はそんな気持ちでした。
でもさ~、命ある限り森山未來を応援しようと心に決めた私。
たとえ酒癖悪いという噂があったとしても、
たとえファンに感じ悪いとう噂があったとしても、
たとえできちゃった結婚でも・・・

だから、チケット、二回分ゲットしたけどね。

いや~~、素晴らしかった。
行ってよかった。ラルビ(演出家)、貴方は天才!

ダンサーもさることながら、
トリッキーに使用される映像、
鈴木稲水さんの書、そして音楽、すべてにおいて完璧です。

韓国人のパク・ウージェーさんの歌声、鳥肌。
韓国語だから、意味はわからないけど、
なんだか懐かしいような、悲しいような、優しいような、
そんな気持ちになります。

で、どんなステージかというと、
えっとね、え~~~~っと・・・
なんて表現すればいいんだ???
・・・・っと悩んでいたら、動画ありました。(未來君映ってないけど。)

TeZukAクリック



鉄腕アトムの出で立ちで登場した大植慎太郎さん、うまい!
Mr.コンテンポラリー!
・・・っと思って、プロフィール見たら、
ハンブルグバレエとか、スウェーデンのクルべリに所属してたのね。
やっぱりね~、クルべリっぽいよ、動きが。

でさ、未來君なんけど、
この子は並みの身体能力じゃないね。
一流どころのダンサー達と踊っても、全然見劣りしない。
パンフに書いてあったけど、最初、スタッフは、森山未來を使うことに、
難色を示したらしい。
そりゃそうだよね。ヨーロッパでは無名の日本人俳優だし。
ダンサーじゃないし。
でも、ローマ公演が終わった時、誰もが未來君を認めたらしいよ。
よかったね~、がんばったね~、母ちゃんは嬉しい
(ま、私が未來君を産んだわけではないが・・・)
途中、何度か長~~~いセリフが入るけど、
さすがです。さすが舞台の申し子。
めちゃくちゃ通る、綺麗な声で、完璧にこなしてました。

今日は一人で行っちゃったんだけど、
海老蔵、熊哲、古田新太、首藤康之が来てました。
一人で来てると暇だからさ、休憩時間、熊哲をストーカーしてみました。
外国人の人とずっと英語で話してたけど、
ずっとすぐ後ろに張り付いて、その様子をミクシ―でつぶやいてみたりしてました。
(我ながら、気持ち悪いおばさんだ。)


終演は、9時過ぎだったんだけど、
渋谷て変な街だよね。
まだ宵の口なのに、酔っぱらって、歩道と一体になってる若者とかさ、
あとさ、顔は完全におっさんなのに、服装はOLっていう人も見たわ。
大船着いたとき、「あ~、平和だな・・」って思ったよ。

明後日はDonnaちゃんと見に行くよ。
あ、Donnaちゃん、ネタバレになっちゃうから、
この日記、読んじゃだめよ。
(って遅い?)


あ、オーチャードのリハの動画もありました。(未來君、ちょっと写ってます)
オーチャードリハ←クリック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。