上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんとはさ、昨日の忘年会のバカ話を、
日記に書こうと思っていたんだけど、
今日、悲しいお知らせを受け取ってしまい、
そんな気持ちになれなくなっちゃった。

Fumiちゃんのご実家ワンコ、ロンちゃん(シーズー♂)
が亡くなってしまいました。
享年、18歳と3週間。
最後のほうは、もう目も見えず、足もだめになって、全然動かなくて、
口には出さなかったけど、「もうそろそろお別れだな・・」
って思ってました。
最期は、大好きなFumiちゃんのママに見守られて、
静かに旅立って行ったそうです。

私は、普段悩んだり、落ち込んだりすることがなくて、
実家の母にも、「貴女は落ち込まないから進歩しないのよ!」
と言われ続けてきたけれど、
友達ワンコの死に対しては、ほんとに色々考える。

もちろん、ロンちゃんと会えなくなって悲しいというのもあるが、
自分が、こういう立場に立つときがきたら、
はたして、どんな気持ちになるのか・・・
なんて考えると、なんだかやるせない気持ちになる。

愛犬達の死を思う時、
なぜか真っ先に頭に浮ぶのは、太郎。
だってさ、あいつまともな死に方しないと思うのよ。

例えばさ、自分より強い相手にケンカを売って、
逆にやられて、大怪我・・とか、
走ってるトラックに向かって行って、はねられる・・とかさ、
ドッグランで水も飲まず遊び続けて、心配停止とか・・・
拾い食いをしたら、毒が入っていた・・
なんだかいやなことばかり想像しちゃう。
こんなことで太郎を失ったら、私、自己嫌悪で一生立ち直れない。

ロンちゃんの死に様は、ほんと見事だった。
18年以上も家族の一員でいて、
そして、ゆっくりゆっくり年をとって、
ゆっくりゆっくり衰えていった。
だから、Fumiちゃんの家族の皆様も、
お別れする覚悟をゆっくり固めていくこともできた。
大きな病気で苦しむこともなく、
静かな最期を迎えた。
まさに大往生と言えると思う。

でもさ、ここまで書いてふと思ったけど、
大往生ってさ、残された家族が喪失感を埋めるために、
都合よく使う言葉だよな。
だってさ、本当は、どんなに長生きしたとしても、
「あともうちょっと、半年でいいから長生きして欲しかった。」
って思っちゃうはずだもん。

なんてことを考えて、今日一日悶々と過ごしてしまった。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/91-2bce6382
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。