上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月1日(木)の娘が参加した、「プロまたはプロを目指す人のワークショップ」に引き続き、
昨日は、服部有吉様の「バレエ暦2年以上の初心者レッスン」に、
娘と二人で参加してきました。

バレエ暦2年以上っていうからさ、参加したんだけど、
参加者、誰も初心者じゃないじゃん!!
上手いじゃん!
っていうか、「貴女、どこかでバレエ講師やってるでしょ!!」
って感じの方もちらほら・・・

まいった・・・
レッスンも難しい・・・
難しすぎて、有吉様に見とれてる暇もありゃしない。
センターなんて、途方に暮れてるうちに終っちまった・・


でもさ、ほんとに参加してよかったです。
背中を押してくれた皆様!ありがとね~~~。

有吉様、レッスン中、「ターンアウト!ターンアウト!!」って連発してました。
ターンアウトはバレエの命だってことは頭で理解してても、
それを、ちゃんと意識してレッスンしてなかったな~。
でも、あれだけ連発されると、意識しないわけにはいかない。
おかげで、今でも、なんとなく内モモに意識があるもんね。
こういうことが、大事なんだね。


私、相当真剣にレッスン受けてたんだけど、
カンブレしてる時に、「もっとここを動かして!!!」
って、有吉様が私のわき腹を触ったんだよね。
その瞬間「うっふ~ん」ってなっちゃった。
私って、基本的にエロ婆あなんだよね・・まだまだ修行が足りませぬ。


娘なんてさ、羨ましいのよ。
参加者は中年女性が大半だったので、有吉様も、生徒というより、
「お客様」って感じて接してくれたのだけど、
娘は、木曜日から参加してるので、
なんとなく、「The生徒 」って感じで接してもらってた。
注意する時も、「こらっ!木曜日も言ったぞ!!
って、怒られてた・・
いいな~、私も怒られたい・・・(やっぱり、性格が歪んでる私。)

ワークショップって、自分のいたらなさを、あらためて発見するには、
いい方法だよね。
知らない先生、知らない仲間、そういう刺激が、自分を客観的に見る手助けをする。
なんか、この感覚はレッスンだけでなく、人間関係にも言えるような気がする。
(っと、無理矢理、格言的な話にもって行く私。


ワークショップの際、お世話になった、服部様ご夫妻、服部様のお母上、チャコットのスタッフの方々。
本当にありがとうございます。
又、来年もワークショップ、企画してください。


告知。


服部有吉様が、熊川哲也のKカンパニーに振り付けしま~す。
ご興味のある方は、↓クリックしてね。

K-ballet company 「New Pieces」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/63-4ec697fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。