上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、犬達のフィラリア検査に行ってきました。
遅い?うちのホームドクター、フィラリア予防薬投薬は、
6月末からなのよ。
だから、検査も6月なの。

フィラリアは、マイナス
まあさ、これプラスだったら、日記書いてる余裕はないけどね。

採血したついでに、毎年、健康診断してもらいます。

夏実、超健康!!!

花子、超超健康!!!!
花子、3匹の中では、一番筋肉も細くて、ぶよっとしてるんだけど、
中性脂肪、めちゃくちゃ低くて、肝臓数値も、優等生!!
筋肉質だから、健康とは限らないのね。
私・・なんのために毎日筋トレしてるのかしら・・

で、太郎なんだよ、問題は・・・

なんと、血糖値が超低いの・・・
正常値の下限の半分しかないの・・・

先生が、「低いぶんにはそんなに気にしなくてもいい・・」
って言った後、
「低血糖の病気もあるにはあるけどね、太郎はたぶん、大丈夫・・」

え~~~、「たぶん」ってさ~~。
絶対じゃないわけでしょ?

私は、可能性のあることは、全部聞いて帰ろうと思い、
先生を質問攻めに。

でもさ、うちの犬達ってさ、「動きを止めたら、呼吸もできな~~い!」
って感じで、動き続けるのよ。
太郎は、早く帰りたくて、出口に向かって引張る。
なっちゃんは、先生の愛亀の餌を盗みたくて、亀さんのケージに向かって引張る。
花子は、体調1メートル超の、先生の愛巨大オーム(巨大なくせに名前はピーちゃん)と、大喧嘩してる。

そんな喧騒の中、先生の愛犬しわちゃん(チャイニーズシャーぺイ)は、
あ~そ~ぼ~~~~。」って、ものすごくスローに、
うちの犬達にちょっかいを出してくる・・・

おまけに、捨て猫ボランティアの方が、生まれたての子猫ちゃんを運んでくる・・

そんな状況で、ゆっくり話をできるはずもなく、
先生の「気にしなくても大丈夫。」って言葉を飲み込んで、帰宅。


でもさ~、気になっちゃうんだよね。

帰る道すがら、考えちゃったよ。


血糖値が低いってことは、インスリンの分泌が多すぎるってことでしょ?
って、ことはインスリノーマ?
でも、膵臓の数値は正常だったんだよね。
じゃあさ、副腎皮質とか、なんかのホルモン異常?
でもさ、そしたら、元気なくなるよね?
毎日、色々破壊したり、網戸を勝手に開けて、
脱走して、一人で庭を走り回ってる太郎でしょ?
ありえないよね。

う~む・・気になる・・・・

考えてみたら、私も血糖値低いんだよね。
そして、甘い物を欲しない。
特に、生の果物食べると、疲れた感じになっちゃうのよ。
友達で内科医をしている人に相談したら、
「インスリンが分泌しやすい体質なのよ。」
って言われた。
「じゃあさ、膵臓が悪いのかな?」って言ったら、
「膵臓が悪い人が、そんなに元気なわけないでしょ。」
だって・・・
でもさ、「そんなに気にしなくていいよ。」って言われたんだけど、
「絶対大丈夫!」とも言わなかったしな・・

なんて、考え出すと、自分のことも太郎のことも気になる、気になる・・
そりゃ、太郎と私は一心同体だよ。
でもなにも、体質まで似なくても・・

先生は、「別に必要ないよ。」って言ってたけど、
太郎だけ、来月再検査だ!

太郎!もう一回採血だからね。
次回は、ご飯を多めに食べてから行こうね。
なんとか正常値にしないと、かあちゃんは落ち着けないのよ。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/60-50683062
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。