上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.17 明るい兆し
本題の前に・・・
昨日は、いつもの高校時代からの仲間と、
いつもの沖縄料理屋(高校の同級生が経営。)で、
飲み会。
年中会ってるし、毎年旅行も行くし、まったく懐かしくないけど、
いつ会っても、皆、アホアホで、最高だ!
これがさ、誰か一人でもインテリだったり、熱血だったりすると、
こうはいかないね。
ほんと、皆、ゆる~い人々で、
この人達と会うと、なんだかホッとします。

なんか、またしても、「故中川酔いどれ大臣」が乗り移ったらしい私は、
「絶対、電車では帰れない!」という皆の心配のおかげで、
酒を飲まないryujiが車で送ってくれました。
ryuji、遠くまでサンキュー
いつも「中川酔いどれ大臣」と一緒の時は、
見ず知らずの駅に到着して、呆然とする私。
昨日は、おかげ様で無事、まっすぐ帰宅できました。
それにしても、故中川大臣、どうしていつも私に憑依するのかな?
ひょっとして、私の守護霊になってるのかな・・・


で、今朝、二日酔いの重い頭、重い胃袋をかかえたまま、
行った所は、「T整体院」。

私じゃなくて、娘の治療のため。

娘、足にちょっとした欠陥があって、
日常生活においては、何でもないんだけど、
バレエを続けるのには、かなりの負担。

この治療のため、小5から、西の整体院、東のバレエ外来、
ありとあらゆる治療を受けてきました。
最終的には、外科手術っていう手も残っているんだけど、
手術をして、かえって悪くなったっていう例も多々・・・
100%、良くなるって保証がないと、健康な体にメスを入れる気には、
ならないよね。

色々治療はしてきたものの、娘の足は悪化するばかり・・
足だけではなく腰まで悪くなっちゃって、
学校から、「歩けなくなっちゃったので、迎えに来てください。」
って、連絡があったこともありました。

娘も、何をがんばっていいのかわからなくなって、
とうとう、「バレエをやめる・・」って決断をしました。
5月の発表会を最後に、バレエから身を引くと。

バレエしかない子だったから、これから先の娘の人生を思うと、
親として、どうしてよいものか、さすがの私も悩みました。
何よりも、こんなに辛い気持ちで娘は決断したのに、
私はバレエを続けてよいものか?
私が楽しそうに踊っていたら、娘は辛くないか?
・・・色々考えました。

「T整体院」の話は、娘が週1回、ピラティスとバレエを教えて頂いている
I先生から聞いていました。
治療のアプローチの仕方が、他の整体とは違うって。

・・でもさ~、すでに色々な治療を試しているわけでしょ。
そのたびに、娘、「全然変わらない・・」って涙目なんだよね。

ま、どうせやめる気になってるんだから、だめもとで行ってみる?
そんな気持ちで行ってみました。


あのさ~、今、私、感動で涙出てます。

長年の足首の酷使で、可動が極端に悪くなっていた娘の足首、
完全に動くようになりました。
痛くて屈伸もままならなかった膝、楽々、曲げ伸ばしできます。

まさに、神業!

整体とか鍼灸って、医療じゃないからさ、
その人によって、適したアプローチの仕方があるんだよね。
やっと、やっと、やっと、娘に最適な方法を見つけました。

最近は、あんなに大好きだったバレエのレッスンも、
目に涙をためながら、「いってきま~す。
って感じで、行ってましたが、
今日は、「足が軽~い!」ってニコニコしながら、
出かけました。
この笑顔を見るのは、何年ぶりだろう・・・

治療を始めたばかりなので、この先どうなるかわからないけど、
バレエやめなくても、大丈夫じゃん・・・
という、希望の光が見えました。

やっぱりさ、娘が幸せじゃないと、私も幸せじゃないからね。

今日は酒が美味いぜ。
(って、懲りずに飲んでる私。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/35-921f5426
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。