上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんとに、アホだよな、私。
昨日、また行っちゃった・・森山未来の「カフカの変身。」
通算3回目・・

劇場のサイトを見ていたら、平日のマチネだと、若干席が空いてるんだよね。
仕方ないよね、私の席がそこにあるんだから。ねぇ~そうだよね~。

なんで何回も見たくなっちゃうかというとさ、
主人公のグレゴール(未来君)が、どういう気持ちで死んでいったのか、
よく判らないのよ。
「カフカの変身」って、読んだことある人多いと思うけど、
グレゴールは虫になって家族に疎んじられて、
最後、お父さんにリンゴを投げつけられて、
それが背中にめり込んで、弱って死んじゃうって話じゃないですか、
平たく言えば。(平たく言いすぎだけど。)

普通に考えれば、ほんと救いのない、哀れな話なんだけど、
グレゴールは、ひょっとして幸せだったのかな?って気にもなっちゃう。
彼が虫になったことで、今まで経済的にも彼におんぶに抱っこだった家族(特に父)
が、個々に眠っていた生きる力を思い出して、
自分の力で生きていこうとする。
それは、グレゴールが望んでいたことなんじゃないかな?
っていう気にもなるんだよね。

今まで、未来君の舞台は何度か見たし、DVDもいっぱい持ってる。
劇団新感線とか、大人計画系は、爆笑してるうちに終っちゃって、
気分爽快だし、ブロードウェイミュージカル「レント」は、
生きることの意味みたいなものを伝えようとする、明確なメッセージがあった。

前回のストレートな演劇の「ネジと貨幣」は格差社会が産んだ悲劇で、
最後、壮絶でどこにも救いがなかったんだけど、
救いのない暗い話ということで、私の中で、結論づけられたんだよね。

でも、この「カフカの変身」だけは、どうしても結論がでないの。
だから、もう一回行ってみた。

・・・ってさ~、評論家みたいなこと言ってるけどさ、
ただ未来君が見たいだけでしょ!って、言われればそれは否定できない。


未来君の舞台を見に行く時は、まるでデートに行く気分の私。

なのにさ・・・夫が、「新橋まで一緒に行こうぜ!」だって。
丁度、夫の出勤の時間に重なっちゃった。
もう~、未来君とデートなのに~。(デートじゃないけど。ただの妄想だけど。)
おまけに、新橋で、「ラーメン食いに行こうぜ!」だって。
もう~、未来君とデートなのに~。(デートじゃないけど。ただの妄想だけど。)
なんで、夫とラーメン食べてんのよ~。
お支払いは、夫だったので、ま、許すけど。

で、結局、自分の中で結論は出たかというと、
ますます、わからなくなっちゃったっていうのが、感想です。
ただ、3回も見てると、出演者達が、日に日に上手くなってるのがわかります。
未来君なんて、人の動きというより、もはやCGみたいだったよ。
あと、トンネルズの貴さんのお嬢さんのほのかちゃん、
1回目に見た時は、はらはらしたけど、
昨日はなかなかよかった。

ただね・・・グレゴールのお父さん役の永島敏行さん・・・
キャスティングミスだな・・
お父さんとグレゴールのかかわりって、
このストーリーのポイントになってると思うんだけど、
永島さん、アクがなさ過ぎ!
普通の「人がいいおやじ」にしか見えない。

いや~、もう一回見たいな・・・
でも、我慢する・・・

それにしても、未来君、こんなにハードな舞台を長期間やって、
体、大丈夫かな?
東京公演終ったら、今度、地方公演だよ。
おばちゃんは、未来君の体が心配です。


「変身」ダイジェスト
ダイジェスト過ぎて、よくわからないと思うけど。
お時間のある方は、ご覧ください。


あ!告知!
今週号の「週刊文春」の阿川佐和子さんの対談コーナーは、
未来君です。
立ち読みでもしてみて下さい。
これ読んだら、皆、未来君の大ファンになっちゃうよ~。

さっき、Donnaちゃんにメールで教えたところ、
彼女も早速購入したそうです。
Donnaちゃんも、未来君ワールドの泥沼にはまってきたわね~。
しめしめ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/24-708a1edb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。