上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は未来君の舞台、「カフカの変身」を一人で見てきました。
今度の土曜日は、Donnaちゃん、バレエ友ミカミカと3人で行くんだけど、
どうしても、2回見たくて、今日、予習もかねて(?)行ってきました。

未来君と言えば、歌って踊って、楽しいミュージカルのイメージが強いけど、
前回の舞台、「ネジと貨幣」では、歌も踊りもない、重苦しいストレートプレイで、
初めて狂気の美しさを私に見せてくれました。
今回は、カフカだって・・カフカを舞台化っていったいどうするの?

奇才S.バーコフは、40年前に自演で、この狂った物語を演出し、
その後、ポランスキーや、バレエダンサー、バリシニコフなどを起用して、
この難解な物語を舞台化している。

10年位前には、宮元亜門主演で、日本で公演してますね。(見てないけど)

さて、このバーコフ、私の未来君をどう料理してくれるのだか・・・
気になって気になって、同じ舞台を2回も見に行く気持ちもわかるでしょ?

昨日から、なぜかそわそわの私。まるで初デートの前日のよう・・
今朝も、朝から朝風呂に入り身を清め、
いつもは5分で終るメイクを7分もかけ、(変わってな~~~い!)
心うきうき・・・
夫に、「よく一人で舞台見に行くよ。ママってほんと、お一人様上手だよね。」
っと嫌味を言われても、まったく気にしない。
そう、私はお一人様上手!お一人ラーメンだって、全然平気だも~ん。


で、実際の舞台・・・鳥肌・・・・
しかし、未来君以外のキャスト・・ちょっと残念・・・
この原題のシュールさが出てなかった・・
セリフ長いから、噛んじゃうし・・

でもさ、未来君は一人だけ、不条理感をかもし出してた。
この若さで、この雰囲気を出せる役者は、日本では彼だけだろうな。
土曜日に一緒に見に行くDonnaちゃんとミカワンちゃんのために、
詳細は書かないけど、
彼は、「朝起きたら、虫になっていた・・」って所から、
すでに「人間」ではなかったよ。

未来君だとわかっていても、激しい嫌悪感と、哀れみの気持ちが湧き上がる。
未来君って、何なんだ?
この人はどういう大人になっていくのだ?


・・そんな思いを抱えながら、帰路につきました。
一人で行くと、感動を共有して、一緒にできる人がいないのが、淋しいわね。


クリックしてね。

カフカの変身

ついでにこっちも、クリックしてね。

未来君のタップ

ついでのついでに、こっちもクリックしてね。

メシバナ3月7日放映
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/21-cbeb3c9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。