上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。

コジュカル

バレエ師匠、M先生とともに。場所は五反田ゆーぽーと。

コジュカル見るのは、世界バレエフェス以来だな~。
ちっこくて、可愛い人だけど、
バレエテクニック、見せ方、全てにおいての神業の人だよ。
コジュカル嫌いって人には、いまだかつて会ったことないしね。

出演 アリーナ・コジュカル ローレン・カスパートソン 
ロベルタ・マルケス 
ヨハン・コボー スティーブン・マックレー 
ワディム・ムンタギロフ セルゲイ・ポレーニン

演目 一部
   ラリナ・ワルツ
   ゼンツァーノの花祭り
   眠れる森の美女より、ローズアダージオ 
   チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
   レリュタン 

   二部
   エチュード

ローズアダージオ、めちゃくちゃすごかったです。
ポアントのバランス、永遠に立ってられるんじゃないの?
って感じ。
前から不思議に思ってたんだけど、
コジュカルのトウシューズって、変な形なんだよね。
トウと床の接地面が、まっ平で妙。
M先生に聞いたところ、わざとこういう形に自分で細工してるんだって。
バレリーナってかかとをとっちゃったり、靴底削ったり
自分でトウシューズを変形させるけど、
コジュカル方式は、どんなメリットがあるんだろう?
シューズだけ見ると、ちょっとブサイクね。
素晴らしいローズアダージオだったけど、
男性の衣装がちょっと残念ね。
会社帰りに一杯やってるサラリーマンみたいな服装でした。

一部の最後のレ・リュタンは、コボーのオリジナルみたいだけど、
コジュカルの可愛らしさがよく出てて、楽しい演目でした。
さすが、長年のパートナー。
あれ?コボーとコジュカルって結婚したんだっけ?

2部は、東京バレエ団のオリジナル(?)
これも圧巻でした。
「これぞ、コールドバレエ!!!」って感じ。
もちろんエトワールのコジュカルも素晴らしかったけど、
東京バレエ団は、コールド上手いよね。
衣装は地味目だったけど、それが余計、踊りの上手さを引き出して、
これ、DVD買っちゃおうかなって思っちゃったよ。

一部の休憩時間に、ブログ友達のしまじろうさんにお会いしました。
行きの電車の中で、「ひょっとしてしまじろうさん行ってるかな?」
って思ってメールしてみたところ、ビンゴ!!
しまじろうさん、あいかわらず、美しいね、可愛いね。
同じ女なのに、どうしてこんなに違うのだろう・・・
そっと鏡を見て、涙を流す私。

終演後は、例によって、大船まで戻って、
M先生の旦那さんのKちゃんと、うちの夫を呼び出して、
ディープ飲み。
今回は、食べ放題、飲み放題3時間のコース。
M先生とKちゃんは、痩せてるのに、尋常じゃなく食う。
どんどん注文して、掃除機で吸い取るように、胃の中に納めていく。
この燃費の悪い二人と一緒だったら、食べ放題でも元がとれますね。
しかし、つられて私まで食べ過ぎました。
まったくさ~、一昨日からトマトジュースダイエット始めたのにさ~。
トマトジュースダイエット・・・トマトジュースをがぶ飲みするだけ。
痩せるわけないじゃんっと思いつつ、
またしても情報に踊らされる私。
豆乳ダイエット、納豆ダイエットに続き、
トマトジュースを大量購入する私。
自分でも、アホだと思うわ・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/117-4911a35e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。