上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待ちに待って、楽しみすぎてそれこそ吐きそうになりながら待った
私の森山未來の舞台、「髑髏城の七人2011」
を見てきました。

これ劇団☆新感線の有名な舞台の再演。
今回は、古田新太も出演してなくて、キャスト、若い、若い。
前作も前々作も、主人公の捨之介と天魔王、一人二役でやってたけど、
(前作は、市川染五郎主演!)
今回は、捨之介、小栗旬、天魔王、森山未來、
そして、準主役の蘭兵衛には、早乙女太一・・・・

おいおい、ただでさえチケット取りにくい劇団☆新感線。
どうすんだよ~~~、取れんのか、チケット・・・
と心配していましたが、さすが未来君のファンクラブ「CHAMEREON」
ちゃんと、2公演とれました。

あらすじははこちら→髑髏城の七人

初回は9月13日(火)のマチネ、お一人様観劇。
場所は、青山劇場。
行ってびっくり!座席前から3列目のど真ん中!!!
ありがと~~~!森山未來FC!一生入会し続けるよ~。

それこそどんなメークしてるのか、
細かいところまで見られる席からかぶりつきで見た「髑髏城の七人」
楽しかったわ~。

未来君、天魔王という、性根が腐った、でもほんとは小心者の悪役を、
それはそれは楽しそうに演じてました。
特筆すべきは、早乙女太一!
なんですか、この人のこのオーラ。
まだ、10代でしょ?この人。
立ってるだけで、匂い立つ男の色気。
そして、彼の殺陣は芸術品です。
なんというスピード感。
それでいて、刀の角度は、一番綺麗に見える場所に決める。
計算しつくしています。
未來君との長い立ち回りがあるんだけど、
まさに鳥肌もの。
未来君はすごいや。
物心ついたころから、刀握ってる早乙女太一と、
対等に立ち回れる身体能力の高さ・・・・
瞬きもしないで見入っちゃった。
すっかりドライアイになった。

小栗旬・・・・・・う~~~ん。残念。
未來&太一の強烈なキャラに完全にオーラが消されちまってる。
途中、私は小栗の捨之介の存在すら忘れてる時があった・・・
小栗の殺陣・・・超スローモーション。
殺陣ってさ、ある種の舞だと思うんだけどさ、
小栗君の殺陣は、ただ若者が刀持って大暴れしてるみたいだった。
冷静に見てると、切られてるほうは、刀当たってないのに、勝手に死んでるみたいだった。
私、小栗旬、嫌いじゃないのよ。
でも、彼はやっぱり映像の人なのかな~。
あ、でも、正月に、娘にせがまれて見に行った、
「時計仕掛けのオレンジ」の時click!よりは、演技は確実によくなってました。
それに、着流しからのぞく彼の太ももは、美しかったです。(爆)

舞台の中盤で、未來君が、日本舞踊みたいの踊るんだけど、
あとでパンフレットを熟読したら、これ、振り付けは市川染五郎だって。
未来君は、何を踊っても美しいね~。


ものすごくいい舞台だったけど、
一人で行くと、淋しいのよね。
MIXIのつぶやきで、ずっとくだらないことをつぶやいてました。
携帯だけが友達の悲しい女だったよ。
ばかばかしいつぶやきにコメントくれた友人達よ、
心から御礼申し上げます。


さて、明後日は、Donnaちゃんと娘と3人で観劇だ。
淋しくないぞ、携帯以外にも友達いるぞ!
楽しみだな~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/107-ee3a0ffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。