上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.13 Step 1
どんだけ待たせるんだよ~~!!
服部有吉!!おばちゃんは、待ちに待ったよ。

毎年、この時期は、私が神と崇める世界一のダンサー、
服部有吉様が、カナダから帰国する。
毎年、何をやってくれるか、楽しみで楽しみで・・・・
おばちゃんは、そのために生きていると言っても過言ではない。

昨年は、Kカンパニーに振り付けをして、
それはそれは素晴らしいステージだったけど、
有吉様自体は、パフォーマンスしてない。
だから、2年ぶりの生有吉ダンス。

服部有吉を知らない人のために。

即興(音声なし。)
どうだ!すごいだろ?体、どうなってるわからないだろ?

珍しい、有吉ヒップホップ発見。

ヒップホップな有吉

なんかさ、ヨーツベの動画を見るだけで、心拍数が上がる・・・・
朝から、体に悪い・・・・・


6月10日~12日まで、神楽坂のiwato劇場で、行なわれました。
ほんとは、3日間全部見たかったけどね、
私は、ダンスマニアなだけでなく、本業は高校生のお母さんなので、
平日の夜は、外出できない。
しかたないから、11日(土)、12日(日)の両日、見に行ってきました。

神楽坂・・・遠い・・・・・
都営大江戸線・・・・わかり辛い・・・・
でも、負けないぜ。そこに服部有吉が居る限り・・・・

今回のパフォーマンスは、有吉様のソロということではなく、
昨年あたりから、彼がライフワークにしてる
若いダンサーを育てるワークショップの集大成って感じなのかな。
ワークショップ参加者が、14名ほど出演している。
舞台は、「雨にも負けず、風にも負けず・・・」という朗読に合わせて
彼らが、バーレッスンをするところから始まる。
文章力がないので、この斬新な演出を上手く表現できないんだけど、
不思議な空気感が心地いい・・・・
朗読、上手いな・・・・っと思ったら、有吉様のお父様とお母様がやってらした。
お二人とも舞台役者さんだからね。声がさ、気持ちいいのよ。

その後、有吉様が登場して、衣装とダンスの相関性について、
トークしてくれた。
しゃべる有吉・・・すてきだけど・・・・踊って、プリーズ!
そして、アルバータバレエの本馬亜紗花さんと、Kカンパニーの西野隼人さんが、
有吉振り付けのダンス披露。
これがさ、面白いの。
踊りながら、男女二人が、大喧嘩、大格闘するってもの。
でもさ、有吉様のパフォーマンスで見たかった・・・

15分の休憩の後、
今度は、お客さんも巻き込んでのパフォーマンス。
有吉様は、舞台は、コミュニケーションの場所だと言ってた。
だから、見る側も、参加して、そして、見る側も勉強して、
演出の意図を汲み取る力、演出の良し悪しを見抜く力を持たなくてはだめだ。
って言ってた・・・・くううう~~~さすがだぜ、いいこと言うわ。
そして、最後の最後に、やっと踊ってくれたよ、有吉様。
会場、小さいからさ、手を伸ばせば届くような位置で、
神様が踊ってるよ。
息遣いまで感じてしまって、心拍数上がりっぱなし。
目頭が熱くなって、瞬きもできない。
コンタクトが乾いて落ちそうだった。


2日間、見に行ったけど、楽日ということもあり、
2日目のほうがだんぜんよかった。
ダンサー達のはじけっぷりが半端なかったよ。
こうやって、無邪気に弾けられるっていいよね。
彼ら、プロじゃないけど、いい意味での発展途上ってあるんだなって思った。

舞台上に、娘が去年有吉様のワークショップに参加した時に、
一緒にレッスンしたSちゃん発見。
そうか、彼女、がんばってるんだね。
娘、バレエやめちゃったから、今年はワークショップに参加させなかったけど、
もし続けてたら、きっと今年も参加して、オーディション受けて、
ひょっとしたら、このステージに立っていたかも・・・
そう思うと、なんだか、ちょっとだけ淋しい気がした。
そんな気持ちで、帰宅すると、
バレエをやめて早一年、
ぶったるんだ体にジャージをまとった愛娘がそこにいた・・・

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://erikahanataro.blog82.fc2.com/tb.php/104-e5ec26c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。