上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年もあと一日ですね。
年の瀬は、なんとなく感慨深い気持ちになるのは
なぜでしょうね。
いいことがあった年も、ついてなかった年も、
なぜか一年を振り返って、物悲しい気持ちなります。
不思議ですね。

大掃除はお済みですか?

私は、あまり家事上手の主婦とは言えませんが、
大掃除だけは、何日も時間をかけて、必死でやります。

思えば、小さな頃から、私にとって、大掃除は特別な行事であったように
思います。


私の実家は、父親が小さな内科神経科のクリニックを営んでおり、
仕事納めの翌日は、従業員、家族総出で、大掃除。
その時ばかりは、小学生だった私も駆り出され、
色々と手伝わせれました。
これが意外と楽しい。
その日ばかりは、私もクリニックの一員のような気がして、
ちょっぴり大人になったような気持ちになりました。
ピカピカになった待合室の床を見て、子供ながらに、
満足感を味わったのを覚えています。


我が家には、私の他に兄と弟がいるのだけど、
仕事をさせられるのは、女の私だけ。
母は、極端に男尊女卑の人でしたから、
普段から、私はどんなにがんばっても誉められることはない。
兄ちゃんや弟の部屋が汚いのも、全部私のせい。
そんな環境で育ちました。

でもさ、大掃除の時は、男兄弟は、要員じゃないからね。
まったく蚊帳の外なのよ。
そして掃除修了後に、一年に一度だけ、母親に、
「よくがんばったね。綺麗になったよ。ご苦労様。」
って、私だけ誉められる。
その時の優越感と言ったら!
まるで、東京大学を卒業して、国家公務員一種に合格したかのような
気分でした。

そんなこんなで、「とにかく年末は家中をピカピカにする。」
これだけが、特に何も人生の指針のない私が、
自分に課しているルールのようなものになりました。
あまり良いとは言えない母子関係だったけど、
母が与えてくれたこの任務が、大人になった私に、
たった一つだけポリシーを持たせてくれました。

結婚して、自分の家族ができた今も、その方針は変わらず、
とにかく大掃除は、家族総出で頑張る、これは譲れません。
幸い、夫は、私の洗脳に乗ってしまう性格なので、
夫も必死で掃除に精を出す、なかなか使い勝手の良い子に成長しました。
娘は・・・・発展途上ですが、大掃除をしなくてならないという、
使命感だけはあるようです。
だからと言って、掃除をがんばると言うかといえば、???ですが。


家と言うものは、家族を守る大切なシェルターです。
我が家は、3ジャックによってことごとく破壊されて、
見るも無残な状態ですが、
一年に一度位は、家族で力を合わせて、シェルターを磨くことは、
とても大事ね。
自分の住環境を守ることを心掛けることは、
最終的には、公共の場所や、そして、自分以外の他人を大切にすることに、
繋がるような気がします。

そんなこんなで、今は、我が家はピカピカです。
遊びに来るなら今だよ。
一ヶ月経つと、又、そこはかとなく犬臭くなってるからね。(笑)


さて、今年も色々とお世話になりました。
けしていい年とは言えなかったけれど、
ほんとに幸いなことに、私は友達に恵まれてる。
悩むことがあっても、楽しい皆様に囲まれることで、
「ま、いいか・・」と先に進むことができました。
ジャック友達、ジャック友達の友達だったけど、今はリアル友達、
30年来の親友達、バレエ友達、先生、サルサの先生、ママ友達、
PTAコーラスの方々、いつも心配してくれる親戚の人達、
そして一度もお会いしたことがないけれど、
ネット上でお話してくれる友達。
いつも私を忙しくしてくれる3ジャック達。
(あと服部有吉様と森山未来君。)
そんな皆様に感謝をして、
そして来年も、皆様のご多幸をお祈りして、
2010年の「だぁぁぁ!うっとうしい!」を
閉めたいと思います。

こんな私ですが、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。