上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.08 追悼 S先生
10年以上お世話になった、皮膚科医師S先生がお亡くなりになりました。

この先生、けっこう毒男だったんだよね。
私の背中を見て、
「僕の田舎のあぜ道に、カエルが干からびて死んでるけど、
その死んだカエルにそっくりな肌。」とかさ、
「渇水した田んぼみたいな肌。」
と、毒っけたっぷりの感想を言ってくれたっけ。
でも、ちゃんと相手を見て、毒吐いてた。
だって、老人とか、子供には優しい口調だったもん。

以前、ちょっと他の皮膚科に浮気心で(?)通ってた時期があるんだけど、
症状が悪化しちゃったんだよね。
やっぱりS先生じゃなきゃダメだ・・・って思ったけど、
他のクリニックに行って、悪化したから戻ってきましたって、
感じ悪いよね、S先生怒るかな?って、びくびくしたんだけど、
先生「あ~あ、こりゃひどい。辛かっただろ?かゆかっただろ?
痛いだろ?」って優しい言葉。
弱ってる人間にはけして毒を吐かない。
同じ毒吐き人間としては、S先生のスタンスは学ぶべき所がたくさんあった。

S先生のクリニックの待合室には、
子供用の絵本の隣に、オカルトの本がたくさん並んでいた。
心霊写真の本、漫画、小説、まるで幽霊本の図書館のようだった。
好きなのね~、先生。私も好きよ、オカルト。
混んでる待合室で、「うしろの百太郎」を全巻読んだ。
稲川淳二の本も読んだ。楽しかった・・・

娘もニキビができた時、薬をいただいた。
私が、「私もニキビができたら、この薬塗っていい?」
っと聞いたところ、「あんたは、ニキビじゃなくて、吹き出物!」
と諭された。

そんな先生、ここ2年位、体調がすぐれず、
休診することしばしば・・・・
お会いするたびにお痩せになって、髪が薄くなっていく・・・
診察が終わって、先生が「お大事に。」て言ってくれたから、
「先生こそ、お大事にね。」って言ったら笑ってた。
・・・それが、最後の診察だった。

間もなく、閉院した。

そして、昨日、先生が亡くなったことを知りました。
ほんとに、残念で、涙が出ました。

S先生へ
アトピー患者には辛い季節、
乾燥の秋、冬がやってきました。
先生が、亡くなってしまったので、
近所の内科で、薬だけ出してもらってます。
でも、そのクリニックでは、皮膚の相談もできないし、
夫の悪口や、日々の愚痴を聞いてもらうこともできません。
私にとっては、とても不便です。
先生は、お話するのもお話を聞くのもお好きでしたから、
ただでさえ混んでる先生のクリニックは、
いつも、待ってる患者さんでいっぱいでしたね。

更年期突入の私は、皮膚の状態がまた変わってくることでしょう。
そういう相談しにくいことでも、先生なら、
「なんだ~、更年期か~。あなたもババアになってきたってことだ。」
っと明るく受け取ってくれたことでしょう。

先生を失って、私は大打撃を受けています。
でも、お辛いお体の中、ほんとに親身になってくださって、
ありがとうございました。
ゆっくりとお休みください。

心から、ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
バレエ友で、Tちゃんという人がいます。

私達のクラスに入会した当初、
「クラシックバレエ、初心者なんですぅ~。」って言ってたのに、
踊ったらいきなり上手い。
っていうか、普通に上手いんじゃなくて、超上手い。
っと思ったら、プロのダンサーだった。
結婚、出産を機に、現役からは退いちゃったけど、
彼女の話の中には、私が愛してやまなくて、目の中に入れても痛くない、
鼻の穴に入れても痛くないと思ってる、俳優のあの方と、
「振付の仕事で、一緒になった」。とか、
私が神と崇めているダンサーのあの方と「ワークショップで一緒になった。」
とか、羨ましくて気が狂いそうになる話が普通に出てくる。
そんな華やかな経歴とは裏腹に、性格はいたって穏やか、どっちかというと呑気。
そして、かなりの美人。そして、酒飲み。(これポイント高い。)
オシャレ・・・とにかく大好きな友達だ。

そんな彼女がご主人の転勤に伴って、数年前フランスに旅立ってしまった。
で、この夏、めでたく帰国しました。
残念ながら、新居は都内なのでレッスンには戻ってこれないんだけどね。

昨日、彼女のパフォーマンスを見に行ってきました。
レッスンで踊っている彼女は、何百回も見たけれど、
考えてみると、ステージは見たことないんだよね。
彼女じたいも、ほんとに久々の現場復帰だし。

驚いだ!!!上手すぎる!!!

レビュー系も、コンテンポラリー系も、ジャズ系も、
凄かった。びっくりたまげた。
そして特筆すべきは、顔の表情・・・なんて妖艶で美しいの!
車運転しながら、嬉しそうに海苔巻食べてた、私の知ってるTちゃんじゃない!!
そして・・・痩せてる・・・
私と一緒にレッスンして頃は、ちょっとぽっちゃりしてたぞ!!
終演後、楽屋に突撃して聞いたところ、
この公演に合わせて、ダイエットしたんだって。
そう言えば、「今、ビール飲めないんです。」って言ってたのは、
ダイエット中だったのか!てっきり肝臓やられたかと思ったぜ。
それにしても、公演に合わせて体重をコントロールするなんて、プロだな~。
ダンス界のロバート・デニーロと呼ぶことにしましょう。

幼稚園生のお嬢ちゃん、Yちゃんにも会えました。
私は、ミクシ―の動画で、いつもYちゃんを見ていたので、
すっかり顔見知りのつもりでいたが、
考えてみたら、初対面なんだよね。
それなのに、私ったら、「きゃ~~Yちゃ~~~ん
って、激しく馴れ馴れしくしちまった。
Yちゃん、ドン引き。そして、逃げた・・・
そうとう怖かったんだろう。
差し入れに持って行ったお菓子を渡して、なんとかちょっとだけ仲良しになりました。

親しい友達が凄いダンサーだっていうことは、とても嬉しい。
親しい友達が東大の教授になったよ、っていうことより、
私にとってはずっとずっと誇らしい。
(ま、私の周りに、東大卒の秀才はいないけど。)
そして、何よりも嬉しかったのは、たとえ一緒にレッスンできなくても、
こうやって踊り続けていれば、どこかで繋がっていられるんだなって、
実感できたこと。
昨日は、M先生とミカミカと3人で行ったんだけど、
ミカミカも、Tちゃん同様、ベリーダンスを体が動く限り続けて、
ずっと繋がっていて欲しいな。

感動のステージ、感動の再会の後、3人で飲んだ酒は、
しみじみと心にしみわたる、幸福の味がしました。
(幸福を味わい過ぎて、今朝は頭が痛いです。
大好きなバレエ友にミカミカという人がいます。


彼女は、バレエのレッスンに来ているけど、
ベリーダンサーです。
趣味で始めたんだけど、才能開花しちゃって、
最近は、横浜や鎌倉のお店で、ちょいちょい踊ってます。

私はかなりの毒女なんだけど、
類は友を呼ぶ・・・で、友達は皆毒女!
そんな中で、ミカミカだけは、けして人の悪口を言わない、
誰のことも妬まない、いつも穏やか・・
初めてできた草食系の友達。(同じ年)

最近では、バレエ師匠(私と同じ位毒女)と私と3人で行動することも多く、
私達の毒や灰汁を全部吸い取って、
周りの空気をキレイにしてくれていました。


そんな彼女とのレッスン・・・今日で終わりでした。
ベリーに専念するそうです。

私も彼女の影響で、ベリーダンスをやっちゃったりしたけど、
体の使い方、バレエと真逆なんだよね。
バレエでは、「体、引き揚げて!!」って言われ、
ベリーでは、「もっと緩めて!!」って言われちゃう。
どうすりゃいいのよ!!って、私はすぐやめちゃったけどね。

でも、それでも彼女は、器用に両立してると思ってた。

彼女の踊りに迷いが見え出したのは、ほんと最近。
「なんか、バレエなのに、ベリーみたいな動きになってるな・・」
って私は気が付いたけど、
本人は、もっと前から、悩んでいたかもしれない。

ある日、「ベリーに専念するから、バレエはやめる。」
って、メールをもらった時、
そりゃ、ショックだったけど、でもどこかで、
「やっぱりね・・・」って思ったよ。
私は何事もつきつめないで、楽しけりゃいいってスタンスで、
人生を渡ってきたけれど、
彼女は、真面目に自分自身をきちんと見つめるタイプ。
彼女の気持ちを察すれば、強引に引き留めることはできない。

2週間くらい前に、バレエ師匠、ミカミカ、私で、
江の島に遊び行ったんだけど、
その時、「バレエやめます。」って師匠に言いながら、
彼女、泣いてた。
そして、今日レッスンも、最初のストレッチの時から、
彼女泣いてた・・・

センターレッスンの時、
うちのクラスは、振りを全然覚えられない人が多いので、
比較的振りが入ってる彼女と私は、
覚えられない派の人と一緒に踊らなくてはいけない。
だから一緒に踊ることは、ほとんどなかった。
でも、今日は、「ミカミカと踊らせてください!」って師匠に頼んだよ。
ラストダンスだね。
涙出てきちゃって、集中できなかった・・・


年を取って、大好きだ!心から信用できる!
って思える友達ができるって、それだけで人生の宝物。
でもさ、お互い、それぞれの生活があって、
日々の接点がないと、友情を継続させていくのは、
とても難しい。
若い時より何倍も努力が必要ね。
バレエという接点はなくなったけど、
せっかくできた大好きな友達。
死ぬまで友達でいれるよう、
彼女が、いつまでも「大好き!」
って言ってくれる私でいれるよう、
努力しようと思っている。

でもさ、バレエ師匠と私の毒と灰汁を、
これからは誰が吸い取ってくれるんだろう?
二人の毒が大気汚染を引き起こさないことを、
切に願う・・・

ミカミカは、横浜界隈の店で、たまに「ミカ」という名前で、
ステージに立ってます。
どこかで見かけたら、要チェックですよ~。
大学時代の友達、クロヨネが死んだって、
連絡が入ったのは、今週の日曜日。
昨日はお通夜だった。

クロヨネは、サークル仲間で、
人が良すぎて、いじられキャラだった。
後輩からも、「クロヨネ」って呼ばれてた。
誰も「さん」付けしない・・そんな奴。

まだ46歳だよ・・死んだって言われても、
ピンとこないよね。

お通夜に行く電車、まさかの人身事故で、
私は、電車の中に缶詰になっちゃった。
これは、死んだクロヨネが、私が来ないように、
妨害してるとしか思えないな・・
生前、いっぱいいじめたからね。
クロヨネめ!歩いてでも行ってやるぜ!

歩くまでもなく、30分遅れただけで、
無事、斎場に到着しました。

クロヨネ、心不全だって。突然、死んじゃったって。
奥さん、若くて綺麗だな・・・
クロヨネの分際で、あんな、可愛い奥さんもらっちゃって・・
そして、そんな可愛い人を残して、先に逝っちゃうなんて・・

弟さんが、「顔見てやってください。」
って言うから、見てみたよ。
なんだよ、クロヨネ・・・全然変わってないじゃん。
大学生の頃から、おっさん顔だったもんな・・・
思わず、
「クロヨネ~、なに死んでんだよ~。バカだな~。」
って、言っちゃった。言っちゃったら、涙が止まらなくなった。

弟さんが、「兄ちゃんにこんなにたくさん友達がいて、嬉しい。」
って泣いてた。
最後にクロヨネに会ったのは、たしか4年くらい前だったけど、
私、「お~~!クロヨネ!お前相変わらず、バカそうだな~!」
って言って、腹にパンチをくらわせたんだよね。
あれが最後だとわかっていたら、
もっと、いい挨拶をしたのに・・・
って話を弟さんにしたら、
弟さん、「兄は、それで喜んでいると思います。」って泣きながら爆笑してたよ。
クロヨネ、脱サラしてがんばって、個人タクシーの資格をとって、
タクシーの納車の前日に逝っちゃったんだって。
最期まで間抜けな奴だったな。
でもさ、乗ってみたかった・・クロヨネのタクシー。
きっと、親切な運転手だったろうな。


大学時代の友達がいっぱい集ってたから、
なんか同窓会みたいになっちゃって、
大酒盛り大会になった。
その席でも、「あいつバカだったな~。」
って、クロヨネのバカ話で盛り上がった。
クロヨネ、ベース弾くんだけど、
「弾いてる姿は、上手そうだったけど、あいつベース下手だったよな。」
って、私が言ったら、
「そうそう。自分が下手なの知ってたから、ボリュームどんどん下げちゃって、
最期、何も聞こえなかったよ。」
って、同じバンドだった人が言ってた。
気の弱い奴だったな・・

通夜の帰りに、亡くなった人の悪口ばかり言うのは、
不謹慎かもしれないけど、
もし私が死んだら、こうやって、爆笑して送って欲しい。
「あいつは、一年中毒吐いてな~。」とか、
「あいつ酒癖悪かったな~。」
とか、私の悪口で、盛り上がって欲しいって、思っちゃった。


皆と別れて、一人になったら、無性に悲しくなって、
電車の中で号泣したよ。
クロヨネの死そのものが悲しかったというより、
「人って死ぬんだな・・」って実感しちゃったら、泣けてきた。
生きてるってことは、こういうお別れを繰り返し、
そして、いつかは自分も、送られるんだな・・
生きるということは、厳しいことだ。


クロヨネ、そのうち私もそっちに行くから、
また、「バカだな~。」って言って、腹にパンチをしてやるからな。
君は、人がいいから、そっちでもきっとたくさんの友達ができると思う。
でもさ、簡単に他人を信用して、騙されないように。
あ!人を騙すような奴は、天国にいないか・・・
ま、とにかく、そのうち又いじめてやるから、
少しの間、待ってろよ。
ジャックラッセル仲間の間で、
しばしば疑問にあがることがある。

「なぜ、Jasonは犬に嫌われるのか?」

どんなにフレンドリーな犬も、Jasonに対しては
敵対心。噛んだりする。
自分の家の4ワンコのうち、彼に気を許すのは、
ゴールデンのSAKURAだけ。
あとの子は、彼が来ると、
「やべ・・・Jasonだ・・」と目をそらす。

断っておくが、彼自身は、犬が大好きだ。
トトロだって、キキだって、レスキューしてきて、
大切に飼っている。

そして、さらに断っておくが、彼は大変、ナイスガイだ。
そりゃ、びっくりするほど毒舌だが、
本当は心優しく、面倒見が良いということを知っているので、
皆、彼のことが大好きだ。

なぜ・・?なぜ?こんなに犬に嫌われるのだろうか・・・

その長年の疑問が、昨日の我が家での飲み会において、
やっと解決しました。


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


うちの犬はどの子も、人間にしつこくされるのが大好きだ。
そして、犬好きな人間を瞬時に見分け、
それはそれはしつこく遊びを要求するという才能(?)を持つ。
その観点からいけば、Jasonのことは大のお気に入りになるはずだ。


しかし、何事にも限度というものがある。
そのことを、Jasonに英語で上手に伝えるには、
私の英語力は足りなすぎるのが、残念でたまらない。
ま・・いいか・・・面白いから。
(噛まれるのはJasonだし・・


懺悔

昨日、自分で「うちに飲みに来てね。」と誘ったくせに、
途中で爆睡した私を許して。
我が家である、帰らなくてよいという安心感は、
時に危険である・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。