上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。

コジュカル

バレエ師匠、M先生とともに。場所は五反田ゆーぽーと。

コジュカル見るのは、世界バレエフェス以来だな~。
ちっこくて、可愛い人だけど、
バレエテクニック、見せ方、全てにおいての神業の人だよ。
コジュカル嫌いって人には、いまだかつて会ったことないしね。

出演 アリーナ・コジュカル ローレン・カスパートソン 
ロベルタ・マルケス 
ヨハン・コボー スティーブン・マックレー 
ワディム・ムンタギロフ セルゲイ・ポレーニン

演目 一部
   ラリナ・ワルツ
   ゼンツァーノの花祭り
   眠れる森の美女より、ローズアダージオ 
   チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ
   レリュタン 

   二部
   エチュード

ローズアダージオ、めちゃくちゃすごかったです。
ポアントのバランス、永遠に立ってられるんじゃないの?
って感じ。
前から不思議に思ってたんだけど、
コジュカルのトウシューズって、変な形なんだよね。
トウと床の接地面が、まっ平で妙。
M先生に聞いたところ、わざとこういう形に自分で細工してるんだって。
バレリーナってかかとをとっちゃったり、靴底削ったり
自分でトウシューズを変形させるけど、
コジュカル方式は、どんなメリットがあるんだろう?
シューズだけ見ると、ちょっとブサイクね。
素晴らしいローズアダージオだったけど、
男性の衣装がちょっと残念ね。
会社帰りに一杯やってるサラリーマンみたいな服装でした。

一部の最後のレ・リュタンは、コボーのオリジナルみたいだけど、
コジュカルの可愛らしさがよく出てて、楽しい演目でした。
さすが、長年のパートナー。
あれ?コボーとコジュカルって結婚したんだっけ?

2部は、東京バレエ団のオリジナル(?)
これも圧巻でした。
「これぞ、コールドバレエ!!!」って感じ。
もちろんエトワールのコジュカルも素晴らしかったけど、
東京バレエ団は、コールド上手いよね。
衣装は地味目だったけど、それが余計、踊りの上手さを引き出して、
これ、DVD買っちゃおうかなって思っちゃったよ。

一部の休憩時間に、ブログ友達のしまじろうさんにお会いしました。
行きの電車の中で、「ひょっとしてしまじろうさん行ってるかな?」
って思ってメールしてみたところ、ビンゴ!!
しまじろうさん、あいかわらず、美しいね、可愛いね。
同じ女なのに、どうしてこんなに違うのだろう・・・
そっと鏡を見て、涙を流す私。

終演後は、例によって、大船まで戻って、
M先生の旦那さんのKちゃんと、うちの夫を呼び出して、
ディープ飲み。
今回は、食べ放題、飲み放題3時間のコース。
M先生とKちゃんは、痩せてるのに、尋常じゃなく食う。
どんどん注文して、掃除機で吸い取るように、胃の中に納めていく。
この燃費の悪い二人と一緒だったら、食べ放題でも元がとれますね。
しかし、つられて私まで食べ過ぎました。
まったくさ~、一昨日からトマトジュースダイエット始めたのにさ~。
トマトジュースダイエット・・・トマトジュースをがぶ飲みするだけ。
痩せるわけないじゃんっと思いつつ、
またしても情報に踊らされる私。
豆乳ダイエット、納豆ダイエットに続き、
トマトジュースを大量購入する私。
自分でも、アホだと思うわ・・・

スポンサーサイト
今年はABTの来日する年。
AKBじゃないよ。アメリカン バレエ シアターね。

チケットの先行予約が始まった頃、
娘はバレエをやめたばかりで、バレエに関してとってもナーバスだった。
「ABT、チケットとるけど、どうする?」
っと尋ねたところ、とっても不機嫌。
もういいや・・・って自分の分だけ取っちゃった。

「ロミオとジュリエット」

で、今日一人で行ってきました。

娘ったら、今日になって、「私も行きたかった・・・」
とか言っちゃってたけどさ、後の祭りだよ。
だから、言っただろ、「短気は損気!」

・・・「その言葉、そのままあなたに捧げます。」←夫の意見。


ABTは、アメリカのバレエ団だけあって、ヨーロッパのバレエ団に比べると、
エンターテイメント性が高くて面白い。
個々のダンサー達のルックスもかなり上級。
バレエ鑑賞始めてみようかな・・って思ってる人にはおすすめです。
ただし・・・・チケット高いです。

「ロミオとジュリエット」、たぶん、一番好きな演目かも・・・
毎回、号泣、家でDVD見てても号泣。

でもさ、昔は嫌いだったんだよね。
恋愛が成就しないくらいで、何も死ぬこたぁないだろう!
って思ってました。
でも、50歳目前になって、命を捨てるほど、人を好きになるって、
すごい!って思っちゃう。
って、書いてる横で、夫が大いびきで、口開けて寝てる・・・
やっぱり、恋愛ごときで命を捨ててはいけません。
だぁぁぁぁぁ~~~~!夫のいびきうるさい!!


さて、本日のキャスト。
ロミオ、マルセル・ゴメス  ジュリエット、ジュリー・ケント

すごくよかった。
ゴメス、あんまり好きじゃなかったんだけどね、
ロミオは適役でした。
ジュリー・ケントは、大好きなダンサー。
バレエのみならず、映画、「センターステージ」で演じた時も、
なんて綺麗で可愛いの!!って思った。

たださ、ジュリエット登場シーンでは、
ちょっと、ジュリエットを演じるには、トウが立ってるな・・って思っちゃった。
乳母とじゃれるシーンには、ちょっと年とっちゃってるなって。
だから、一幕目の最初は、あんまりのめり込めなかった。
でもさ、やっぱり上手いんだよね。
大好きなバルコニーのパ・ド・ドゥでは圧巻の演技。

一番凄かったのは3幕目。
ロミオが去った後の失望、牧師さんからもらった薬を飲もうか、飲むまいが迷う時。
迫真の演技でした。
息使いまで聞こえてきちゃって、こっちまで心拍数が上がりました。

いつも思うんだけど、
3幕目の墓の下で、ロミオが仮死状態のジュリエットを、
なんとか蘇生しようと、必死になるシーン。
あれって、すごいよね。
ジュリエット役のダンサー、完全脱力してる。
人間って、意識があったら、脱力ってできないよ、普通。
バレエダンサーって普通じゃないよね、体の仕組み。
ジュリー・ケント、私が今まで見た、どのジュリエットより、
脱力してました。
ほんとに、死体みたいだった。

カーテンコールまでには、涙で、すっかりスッピンになってました。

話は変わって。今回は、ロミオの友達役で、バレエ界のアイドル、
ダニール・シムキンが出演してました。
バレエ好きな人は、皆、シムキン好きなんじゃないの?
ってくらい人気あるよね。
私だってそれはそれは大好きよ。
でも、今回は存在感薄かった。
ゴメスのオーラにかなわなかった。
シムキンみたいに高く、空気に浮いてるように飛べるダンサーは他にいないと思うけど、
シムキンみたいに可愛いお顔のダンサーは他にいないと思うけど、
やっぱりそれだけではかなわない、いぶし銀の力ってのがある。
ゴメスにもケントにも、若干22歳のシムキンには出せない底力を見たよ。

今回の公演で嬉しかったこと。
バレエ関係のブログ友達のしまじろうさん(本名じゃないぞ。HNだぞ。)
に、始めてお会いできました。
しまじろうさん、お若くて、超美人!
まったくさ、私は、毎週の海通い(マリンスポーツじゃないよ、海で飲んでるだけ。)
で、真っ黒でぶっ太い腕出して、おまけにその腕はずるずる皮むけてるし。
初めてお会いするのにさ、これはひどいよ。
あ~あ・・・エステにでも行っときゃよかったよ。
1月4日、小栗旬主演の舞台、「時計仕掛けのオレンジ」を見てきました。

受験生の娘は、クリスマスもお正月もなかったからね、
せめて1日だけ楽しいことを・・っと、
愛のプレゼントだ。いい母ちゃんだ、私。

時計仕掛けのオレンジは、キューブリックの映画で有名だけど、
舞台ってどうなんだろう?
でも、このストーリーで、面白くないわけないないもんね。
生小栗旬も見れるわけだし。

よく出来た舞台ではありました。
でもさ、内容がパンクなんだよね。
レイプシーンとか、かなり露骨で、
娘と見るには、ちょっと抵抗がありました。
とうの娘は、平気な顔して見てたけど。
(最近の中学生は、冷めてるわね。)

小栗旬は・・・・
もうちょっと、がんばれ!!
これって、ミュージカルなんだよね。
演技だけではだめです。
踊りと歌も、もうちょっと勉強してね。
私は、舞台の申し子、森山未来を見慣れちゃってるからさ、
それが基準になってるわけよ。
小栗君、がんばってはいたけれど、
「あ~~、音程外れすぎ・・」
「あ~~~、なんですか、そのターン・・振り向いてるだけじゃん。」
・・っと途中でイラッとすること多々・・・
でもまあ、人気者のオーラはあったかな。
手足長くて、さすがにカッコよかったし。
娘はメロメロで、踊りや歌の完成度なんてどうでもよかったみたいだけど。

脇役陣は、よかったな~。
橋本さとしさんなんて光り輝いてたもん。
あとね、意外だったのが、武田真治!
彼は、非常に素晴らしい。
演技も鳥肌・・・歌もダンスもめちゃくちゃ上手いです。
彼をお見かけするのは、最近では「めちゃイケ」くらいだし、
ただの綺麗な顔したとぼけた青年だと思っていたけれど、
とんでもない!なかなかの才能の持ち主です。
最近は、舞台もかなりの数こなしてみてるみたいだから、
要チェックです。

娘に、「武田真治、よかったね~。」って言うと、
「そうだった?小栗しか見てなかった・・」だって・・
高いチケット代が、無駄になりました。



110104_1607~01
小栗メロメロ病が継続中のEちゃん。

さて、終演後、娘を横須賀線に乗せて、
私は一路、門前仲町へ。

大学時代の仲間と新年会です。
なんで門前仲町なのよ~~、遠いじゃん!!!
幹事のM太さんの陰謀です。
門前仲町は、彼の地元です。
どんなに遠くても、そこに飲み会がある限り、
不参加はありえない私です。

門前仲町いいね~。粋な飲み屋がいっぱい。
結婚してアメリカに移住したYちゃんとご主人のグレンさんと、
グレンさんの妹のアンジーさんも参加。
このアメリカ人達、通なの。
日本酒しか飲まないの。それも地酒ばっかり。
ありがとう!日本の酒を理解してくれて!
アメリカ万歳!

グレンさんと飲むのは3回目だが、最初の頃は私の馴れ馴れしさ、
そしての行儀の悪さに戸惑っていたが、
この日はすっかり仲良し。
変な日本人に、すっかり慣れたようだ。
(・・っと勝手に私は思っている。)
3回飲めば、誰でも親友だ!

いい感じで、2軒はしご。
ちゃ~んと電車に乗って帰ったよ。
降りた所は、なぜか藤沢だったけど・・
酔っ払いの私は、しばらくそこが藤沢だと気が付かず、
「な~んか、大船駅、改装した?」
って思っちゃった。
でも、ちゃんと無事に帰れたから、
結果オーライだな・・・

新年早々こんなだから、
今年も、飲んで知らない駅に小旅行は、
止まらないってことだ。
2010.12.10 黴菌
バイキンって、漢字で書ける?
答えは、「黴菌」だよ~ん。

・・ってことではなく、
昨日、舞台「黴菌」をシアターコクーンに見に行ってきました。
「黴菌」←クリックしてね。

数週間前、テレビでネプリーグ見てたら、
「黴菌」のキャストの人達が出てて、
あまりに面白かったので、見に行きたくなっちゃってね。
私が、「行こうかな・・」って言ったら、
夫、「俺も!」だって。
夫よ・・平日のマチネに観劇するな!
男は、仕事をしろ!

ま、一人で行くよりマシなので、夫と二人で行ってきました。


演出のケラリーノ・サンドロヴィッチさん(日本人だよ。)の噂は、
演劇評などで、読んだことあるけど、
面白いよ、このお方の演出。

群像劇なので、誰が主役ということはないけれど、
メインキャストは、一応、中村トオルと、北村一輝。

中村トオルの舞台ってどうなんだろう?って思ったけど、
これがさ、いいのよ。
トンチンカンな男の役で、役としては、かなりオイシイ。
出てくるだけで、大爆笑でした。
北村一輝は、大好きな役者だけど、う~ん・・どうかな・・・
彼は、テレビドラマで見るほうがいいかな・・
高橋恵子さんは、ため息が出るほど美しかったです。

舞台の前半は、なんだか話の進みが遅くて、
ちょっと飽きちゃったけど、
後半から、怒涛の進行。
大事件が起こり続けるのに、なぜか中村トオルは、
マイペース、そしてトンチンカン。
この対比が、ほんとに可笑しかったわ。

シュールなコメディだけど、大きなテーマはたぶん、「家族とは?」
ってことだと思う。
だから、なんか、最後、大泣きしてしまった。

今年は、BUNKAMURAによく行ったな~。
バレエ鑑賞の他、未来君の舞台だけで、2回行ったもんね。
でもさ、BUNKAMURAの大ホールのオーチャードは、そうでもないけど、
小ホールのコクーンは、シートがダメダメよ。
3時間を越えるこの舞台、終る頃には、
夫も私も、お尻に激痛。
尾てい骨粉砕するかと思いました。
次回は、座布団持参ね。
(あ!うちの座布団は、太郎によって、全部粉砕されてたんだった・・)

終演後、夕暮れ時の渋谷のネオンは、
かなりそそるものがあったが、
犬達が腹ペコで待ってるからね。
後ろ髪をひかれながら、電車に乗りました。

しかし・・・そこが悲しい飲兵衛夫婦・・
地元の駅に降りつくなり、
「一杯だけね・・」って言いながら、のれんをくぐってしまった。
で、一杯で終るわけもなく、結局いっぱい飲んでしまった。

帰宅してみると、
太郎は、「どこに行ってたんだよ~~~!俺は餓死寸前だったよ~~~!」
っと大騒ぎで、クッションをブンブン振り回しながら、
不満を訴えてました。

いいじゃんね~、たまにはさ~。
君はいつも拾い食いで栄養を蓄えているじゃないか、ねえ~。
昨日は、夫と、Project Nyxの芝居を見に、
吉祥寺まで行ってきました。

Nxyは、寺山修二作品なんかをやる現代版天井桟敷みたいな
劇団です。
こういうの見に行くなんて、芝居通みたいだけどさ、
知ってる方が出演されていて、その方に誘っていただいたのよ。
その方は、私の神、「服部有吉様」のお母上です。

お母上は、石井くに子さんとおっしゃって、もとは、天井桟敷の
看板女優さん。
なんと20年ぶりの女優復帰だそうです。

私、舞台鑑賞は大好きだけど、
アングラ系は、見る機会がなかったんだよね。
そんな私でも、寺山作品を理解できるのか??

一幕目の最初のほうは、やっぱり頭の中「????」だった。
私のような凡人には、ちょっと難しかったのか・・
あ、演目は「星の王子様」(Nyxホームページ)なんだけど、
寺山修二版だからね、もちろんメルヘンではないよ。

でもさ、これが不思議なことに、理解できなくても、
どんどん引き込まれちゃうんだよね。

それで、一幕目の最後、唐突にカルメンマキのライブが始まった。
私、体、前のめり、まばたきもせずに見入ってしまった・・・
すごいよ、すごすぎるカルメンマキ!
体つきやお顔立ちは、さすがに年月を感じたが、
年月を経た文、いぶし銀の味わい。
オーソドックスなジャズっぽいナンバーでは、
「貴女は、エラ・フィッツジェラルドなのか?」っって聞きたくなるほど!
スキャットのみごとなこと!

そして、特筆すべきはバックバンドのバイオリンの大田恵資さん。
バンドはギターとヴァイオリンだけなんだけど、
そのシンプルすぎる編成がよけいヴォーカルを引き立てている。

大田さんのバイオリンは、どこまでも美しく、ときには攻撃的で、
ほんとに鳥肌たったよ。
そして、彼の声・・・
中東っぽい歌を歌ったんだけど、いったいこんな声、
体のどの部分からでてるんだろう?
音楽は、「コブクロ」しか興味のない夫でさえ、
まばたきしないで聞き入ってました。

大田恵資

ヨーツベで声が聞けるの、これしかなかったのが残念だ・・・


カルメンマキのライブあたりから、私の興奮も絶頂に達していた。

二幕の最初に、有吉母上が登場した時には、
わけもなく涙が出そうになった。
芝居の要所要所に、星の王子様のお人形が出てくるんだけど、
有吉母上は、このお人形との二人芝居。

母上、普通にお話していても、独特のオーラがあって、
ほんとに素晴らしい女性なんだけど、
舞台上の彼女の発するオーラは、まさに黄金色!!
ほんとに20年ぶりなのか?って疑いたくなるような演技力。
そして、もう一つ感動したのは、
人形使いの方々の巧みの技。
彼らが手に持った瞬間、人形に命が宿る・・ほんとにそんな気がしました。


何を見に行っても途中で寝てしまう夫も、
「いや~、面白かったね。」って、いつもは濁っている目が、
この日ばかりは輝いていました。


吉祥寺は、小粋な飲み屋がたくさんあって、
芝居終わりには、のれんをくぐってみたい街だけど、
娘とカラオケに行く約束をしていたので、
後ろ髪を引かれながら、電車に乗りました。

芝居鑑賞の後のカラオケ・・・
なんだか私も女優気分で、歌もだいぶ芝居がかっていたようだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。